fleet_drivingreports_thumb

[BlackVueフリートトラッキング] ドライビングレポート機能の使い方

イベントファイル自動アップロード機能に続いた、BlackVueフリートトラッキング独自の新しい機能: ドライビングレポート。

必要事項:

ハードウェア:

  • ファームウェアバージョン005のBlackVue DR900Sシリーズドライブレコーダー。
  • ファームウェアバージョン011のBlackVue DR750Sシリーズドライブレコーダー。

ソフトウェア:

  • BlackVueビューアー 2.01 (Windows) または、ver. 1.24 (Mac OS)。
  • BlackVue アプリ 2.77 (iOS/Android)。

BlackVueビューアープロを使っていた方へのお知らせ: バージョン2.01 (2018年9月)現在、BlackVueビューアーは、BlackVueビューアープロの機能を取り込んでいます。

クラウドとの接続:

ドライビングレポートがデータの漏れなくうまく機能するためには、ドライブレコーダーが常にクラウドに繋がっていなければなりません。
ドライビングデータは、毎分単位でクラウドにアップロードされます。
もしクラウドとの接続が切れたら、ドライブレコーダーは60分間ドライビングデータをメモリに保管していて、再び接続されたときにそのデータのアップロードを行います。

 

ドライビングレポートとは?

ドライビングレポートは、GPS追跡やジオフェンシングと並んでフリートトラッキングの新しい機能で、BlackVueドライブレコーダーによって集められた走行関連データを一目瞭然に表示してくれます。

  • 過去90日の間、最長3日連続のデータを一気に確認することができます。
  • BlackVueビューアーを使うと、選択された最多3つのカメラからのデータを並べて確認することができます。
  • BlackVueアプリを使うと、一度に一台のドライブレコーダーからのデータを確認することができます。

ドライビングレポートを表示させる方法は?

BlackVueビューアーでは: 

  1. フリートトラッキングボタンをクリックし、ドライビングレポートを選択します。
  2. ドライビングレポートが見たいドライブレコーダーを選択してください(3台まで)。
  3. 画面左下からレポート期間を選んでください。基本設定でのレポート期間は過去24時間です。過去90日の間で3日間までなら自由に変えることができます。

blackvue-driving-report-menu-access-2

BlackVueアプリでは:

  1. BLACKVUE CLOUDに入り、ログインしてください。
  2. カメラ名やアイコンを一つタップします。
  3. ドライビングレポートアイコンをタップしてください。
  4. レポート期間を選んでください。初期設定では過去最後の24時間になっています。過去90日の間で3日間までなら自由に変えることができます。

blackvue-app-driving-reports

ドライビングレポートにはどんな情報が入っているか?

ドライビングレポートに入っている情報は下記の通りです。: 

  1. 運転者詳細(カメラ情報内のカメラ設定で個別入力できます。)
  2. 走行距離:設定によってキロメートルか、マイルで表示されます。
  3. 走行時間:駐車モード以外の合計時間と同じです。
  4. アイドリング停車回数:アイドリング停車は、実際3秒以上0 km/hと検知されたケースを意味します(ただし、駐車モードは除く)。
  5. アイドリング時間:アイドリン状態に入ったと判断する基準は3秒です。例えば、車両の速度が2秒間0 km/h と検知されたら、アイドリング時間やアイドリング停車として認識しません。もし、車両の速度が3秒間0 km/h と検知されたら、その3秒は全体のアイドリング時間に含まれます。 
  6. 駐車モードに入った回数
  7. 駐車時間:総駐車モード時間 (注:ドライブレコーダーに電源が入っていない状態で駐車すると、駐車時間はカウントされません)。
  8. GPS信号が見つからなかった回数:これは走行中にのみカウントされます (通常モード)。駐車モードでは、GPSはOFFになり、クラウドサーバーはただ最後に知らされた位置を覚えます。
  9. GPS信号がなかった時間:走行中にGPS信号がなかった合計時間。
  10. 速度レポート:
    1. 速度超過アラート回数速度アラートは、ファームウェア > システム > 速度アラートで設定することができます。速度アラートが出された場合、イベントファイルを作成します)。
    2. 最高速度
    3. 平均速度:駐車モードの全時間は計算に含まれません (アイドリングが5分間続いたら、駐車モードに切り替わります)。
  11. イベント回数:
    1. 走行中のイベント回数:含まれるイベントタイプ: 衝撃、速度アラート、マニュアルイベント。
    2. 駐車中のイベント回数:含まれるイベントタイプ: 衝撃、マニュアルイベント。
  12. ジオフェンシングレポート注:ポリラインタイプのジオフェンス (表面積を持たないジオフェンス)は含まれません。
    1. ジオフェンスゾーンへの進入回数
    2. ジオフェンスゾーンからの退出回数
    3. ジオフェンスゾーン内滞在時間: 車が複数のジオフェンスに出入りした場合、それぞれのジオフェンス内で過ごした時間を表示します。
blackvue-driving-report-full

2台のドライブレコーダー (「Vehicle 1」と「Vehicle 2」)を並べたドライビングレポートの具体例

ドライビングレポートの印刷とエクスポート 

BlackVueビューアーでは、Microsoft Excelのようなスプレッドシート編集プログラムに対応する形式のCSV (Comma-Separated Values)フォーマットで、それぞれのドライビングレポートをプリントアウトしたり、ダウンロードしたりすることができます。

blackvue-viewer-fleet-tracking-driving-report-print-export-csv